www.mai-w.com

車の全損とはその名が示すように愛車のすべてが破損してしまうことで、つまり走ることが出来ない等乗り物としての役割を果たさなくなった時に判断されますが、乗用車の保険における「全損」は少し異なった意味があったりします。自動車保険のケースでは乗用車が壊れた状況で『全損と分損』というように2つに区分され、《分損》は修理のお金が保険金でおさまる場面を言い、反対に「全損」とは修理のお金が保険金の額を上回ってしまう場面を表します。通常では、乗用車の修復で《全損》という状況では車の最重要のエンジンに重大な破損が起こったり、骨組みが曲がってしまったりして元に戻すことが難しい場合再利用か廃車と結論付けられるのが常識です。しかしながら、車の事故を起こして修理業者や自動車保険会社がかかる修理の費用を計算した際にどれほど外観が美しく修繕が可能な場面でも修復費が保険よりも高くてはどうして自動車の任意保険にお金を負担しているのか分からなくなります。そのような状態では、《全損》としてマイカーの権利を車の保険の会社に譲渡して保険金額を支払ってもらうようになっています。当然の事ですが長年乗った自分の車で思い入れがあり自腹で修理して使用したいというドライバーは多数存在するのでケースによっては自動車保険会社と話し合うといいと思います。自動車の保険ではそういう状況を想定して特約等の【全損】の時に特約を設けているケースが存在し万一愛車が『全損』なった際でも新規購入等の経費を一部もってくれる場面も存在したりします。盗難にあった時の補償額の特約をつけていたら盗難被害にあった物が見つからない時でも【全損】の扱いとなり保険が適用されるようになっているようです。

Link

Copyright © 1996 www.mai-w.com All Rights Reserved.