www.mai-w.com

自動車事故発生した際己が事故の被害者であっても、相手が間違いを全く受諾しないことはかなり存在します。例として、しようとして起こしてしまったのと違い少し他のことに気がいったことで乗用車を激突した際にこういった口論にうつってしまうケースがありそうです。とは言っても、事故現場で物損と処理されて時間が経って自覚症状が現われてから診てもらった病院の証拠となる診断書出すということは対応が遅れる感は否定できません。そうであるなら、車での事故の過失割合の結論にはどういう風な基準が設定されているのでしょうか。正しく言えば警察署が認定するのは核として車の事故の大きな手落ちが存在するのはどちらの車かという責任の所在であって、どちらに何割過失があるのかではありません。まして、決められた事故の過失があった人が警察署から明確にされる事は事はありません。このため、どちらに何割過失があるのかは両者の交渉の結果で決定され、この結果が賠償額の算定の基準になる訳です。その場面で、両方が自動車任意保険に入っていない場合には互いが面と向って交渉することしかできません。しかし、当然の事ですがこの話し合いでは、感情に走ったやり取りになる場面が多くなります。この上、お互いの意見が平行線をたどれば最悪、裁判所に入りますが、この場合時間と裁判にかかるコストとても大きな損失は避ける事が出来ません。これにより普通は互いの運転手についている自動車保険会社、こういったお互いの保険の会社に調整を一任するやり方を用い、相当な過失の割合を落ち着いて結論付けさせるのです。この場合には自動車の保険の会社は前の交通事故の訴訟の判定から決定した判断基準、判例タイムズ等をたたき台として、推計と交渉をして割合を決めます。とは言え車の事故の例では、遭ったのか巻き込んでしまったのかによらず、第1に警察を呼ぶのが大切です。その後保険の会社に連絡を取り、以後の話し合いを委任するのが順序になります。その順序さえ分かっていれば無駄な協議となる事を回避できます。

Link

Copyright © 1996 www.mai-w.com All Rights Reserved.