www.mai-w.com

自動車での事故は事故と誰か別の人が巻き添えになった事故があります。自損事故の状況では、自分だけで対応をすることで終わりとなりますが、他の人が関与した事故は各々にどの割合で不注意が存在するのかを調査して、その状況によって愛車の修理の費用や示談金の額が決定しますので、保険会社の専門家にも参加してもらいやり取りが欠かすことが出来ません。一般的な車での事故で、それぞれに少しは間違いがある場面が大多数でどちらか一方の責任を問うという状況は少ないようです。無論赤信号無視や一時停止無視などの交通違反によって起きた事故はとても大きな過失なりますが、被害を受けた人であってもミスがあると判断されます。事故の状況ではどのドライバーのミスが原因で発生したのかという結論がとても焦点になるので、この判断を分かりやすく表したものが過失割合と呼ばれるものです。一例として、前述した信号無視や一時停止で止まらなかった場合なら交通法の規則上相手に全部のミスがあるように思いがちですがもし事故を起こした自動車が前方からこちらに向かってきていて目視でチェックできた場合だとすれば自動車の事故の被害者でも注意が足りないとされ1割ほどの間違いが認められる時もあります。言うならばその場合には事故を起こした側が9割自分1割の過失と決められ数字が大きいとそれだけの落ち度が問われる事になるのです。また交通事故の割合以前の事故の判例を参考にして決定されるケースが大いにあり、日弁連の交通事故相談センターから示されている過失割合認定基準表のようなものが目安として使われます。この過失の値が高ければ落ち度、要するに賠償すべき金額も大きくなるので、事故に関する交渉は当事者だけでなく保険屋さんの担当の人を交えて落ち着いて話すことが重要です。

Link

Copyright © 1996 www.mai-w.com All Rights Reserved.